1. Home > 
  2. CSR情報 > 
  3. S:社會 > 
  4. 地域社會とともに > 
  5. 地域社會との交流

甘肃快3青海快3:地域社會とともに

地域社會との交流

安全?安心を提供する會社として

昨天青海快3开奖结果查询 www.zptlsd.com.cn akebonoは製品やサービス、企業活動を通じて社會に安全?安心を提供しています。

その企業活動のひとつとして、2010年より7年間にわたり、福島県いわき市のテストコース「Ai-Ring(アイ?リンク)」を地元警察の運転技術向上を目的とした訓練に活用いただいています。2017年度も福島県警察の高速道路交通警察隊と高速機動隊が當コースで練習を行い、両隊とも10月に実施された全國白バイ安全運転競技會で好成績を収めたことで、12月には各隊より感謝狀をいただきました。

地域経済とともに発展していくための取り組み

Akebono Brake Astra Vietnam (AAVH)で看護師の就職支援活動を展開

セカンド?チャンスプロジェクトの入社を祝う様子

セカンド?チャンスプロジェクトの
入社を祝う様子

AAVHは2017年9月に醫療機関に就職できなかった看護學校卒業生を支援する特別プロジェクト『セカンド?チャンス(「失敗しても次がある」の意味)プロジェクト』を立ち上げました。ベトナムでは看護師?準看護師の數が需要を上回り、一部の卒業生が看護師になる夢を葉えられない狀況が続いています。セカンド?チャンスプロジェクトとは、卒業1年未満の看護師?準看護師を製造オペレータとして採用し、社員の健康管理や衛生管理に攜わってもらったり、病気予防についてレクチャーしてもらったりして、入社1年後に醫療機関就職に再挑戦するための特別ボーナスを支給するという仕組みです。2018年9月末までに計4名の採用を目指しています。

日仏交流関係強化への貢獻

©パリ日本文化會館

©パリ日本文化會館

「2017年日仏クラブ第28回東京総會」に當社社長が出席

「2017年日仏クラブ第28回東京総會」
に當社社長が出席

2018年は日仏友好160周年にあたり、7月から翌年2月までフランス?パリを中心に日本文化を紹介する「ジャポニスム2018」が開催されます。當イベントの開催拠點の一つである「パリ日本文化會館」ではさまざまな日本蕓術の祭典が催されます。當社では、代表取締役社長の信元が本會館の活動を財政面から支える民間組織「パリ日本文化會館?日本友の會」(會員企業74社)の監事を長年務めています。

パリ日本文化會館は1997年に開館以來、日仏、日歐の文化?社會?経済等の幅広い分野での連攜を図ってきました。展示や公演を通して日本の伝統文化や日本の最新情報を発信するとともに、日仏の交流の場を提供しています。なお、こうした日仏文化交流の功績が認められ、「パリ日本文化會館?日本友の會」は2017年度に外務大臣表彰を受けています。

その他、信元は「パリ日本文化會館?日本友の會」からの事業支援金を基に會館事業を実施するフランス法人「パリ日本文化會館支援協會」の出納長や2016年より在日フランス商工會議所第一副會頭を務めるほか、日仏政府?日仏企業のトップが集まり経済や通商問題に関して議論をする「日仏クラブ」といった會合のメンバーでもあります。akebonoは、こういったさまざまな日仏関連の會合への參加を通して、日本とフランスの交流の強化に貢獻しています。

米拠點イベントでの社會貢獻活動

Akebono Engineering Center(AEC)では、毎年年末に社員とその家族が集まり、食事と音楽?ダンスを楽しむイベントを開催しています。季節のイベントを大切にするアメリカ伝統の精神に則り、社員と家族の絆を深めることを目的としたものです。社員參加の社會貢獻活動も兼ねており、抽選券を購入するか玩具を寄付することで參加できる抽選會を毎年実施して、集まった資金と玩具を慈善団體へ寄付しています。

ケンタッキー州のエリザベスタウンで行われた『クールジャパンフェスティバル』の様子

ケンタッキー州のエリザベスタウンで行われた
『クールジャパンフェスティバル』の様子

ケンタッキー州のエリザベスタウンにある日本人補習校が2017年で設立30周年を迎え、記念を祝うお祭り『クールジャパンフェスティバル』が同年11月に開催されました。この補習校は、AmBrake(Akebono Brake, Elizabethtown Plant、以下ABE)が設立された翌年の1987年に、akebonoの全面協力で、駐在員の子供の日本語能力を維持することを目的とし設立されました。イベントでは歌舞伎、著物、東京オリンピック、アニメ、折り紙、コスプレなど日本に関係するさまざまな展示や発表があり、日本人と現地の方々の相互理解を深めることができました。akebonoは今後も家族や地域との絆を深め、社會に貢獻したいと思います。

お問い合わせ
  • ※グループ企業の正式名稱は企業情報のグループ情報に掲載しています。